大阪出身のダンサーYUUNOSUKEのブログ

ヒップホップダンスの超簡単振り付けを5つをご紹介!

2018/10/09
 
ヒップホップダンスの超簡単振り付けを5つをご紹介!
この記事を書いている人 - WRITER -
YUUNOSUKE
YUUNOSUKE@WEBの管理人のYUUNOSUKE(ゆうのすけ)です。ストリートダンスの上達法や情報を中心に、音楽、ファッション等の事について、書いているブログです。このブログを通じて、ストリートダンスの上達方法や、ダンスについての、みなさんの日々のお悩みなどを解決できるきっかけになればと思い、このブログを運営しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。ダンサーの YUUNOSUKE です。

 

最近では、ユーチューブなどのインターネット上に、ヒップホップダンスの動画がたくさんアップされています。

 

実際、ダンススクールや、誰かにダンスを教えてもらわなくても、インターネットのダンス動画を見ることで、ダンスの勉強ができる、便利な世の中になりました。

 

 

ネット上のダンス動画を見ていると、「ヒップホップダンスの簡単振り付け」とか、「5分でマスターできる、ヒップホップダンス振り付け」などの、タイトルで色々と見かけますが、実際、ダンス初心者には、むずかしいものもありますよね?

 

これは、初心者向けではないんじゃないかと、思うむずかしいものもあります。

 

ということで、今回は、ヒップホップダンスの超簡単振り付け5つをご紹介! として、本当に簡単な、ヒップホップダンスの振り付け動画を、ご紹介したいと思います。

 

現役ダンサーの、YUUNOSUKE、私自身が確認して、本当にダンス初心者でも、すぐ覚えれるようなものを、ピックアップしました。

 

慣れてきたら、こちらでご紹介している振り付けをつなげれば、長い振り付けも完成します。

 

よかったら参考にして見て下さい。

 

スポンサードリンク

 

キッズに向けた簡単なヒップホップダンスレッスン 初心者でも楽しく踊れる振付

ダンサーYU-SUKEさんの、動画チャンネルです。

 

16カウントの短い振り付けです。(いわゆる、2エイトの振り付け)

 

リズムのカウントについては、下記で解説していますので、参考にして見て下さい。

ダンスリズム(音)の数え方

 

ヒップホップダンス初心者の方には、2エイトぐらいの短い振り付けが、まずはいいと思います。4エイトぐらいになると、最初は、長く感じるためです。

 

大きく分けて、3つのステップから、構成されている振り付けです。

 

順番に、

1.弾むステップ
2.ボックス
3.スポンジボブ

 

 

下記の動画で、ステップ単体の動きも解説されているので、参考にして見て下さい。

2.ボックス

 

3.スポンジボブ

 

 

ヒップホップダンス練習用ビデオ 初心者向け簡単な振り付けレッスン

ヒップホップダンスの基本ステップ、ランニングマン、簡単な足の動き、リズムで構成されたシンプルで簡単な振り付けです。16カウントの短い振り付けです。

 

大きく分けて、2つのステップから、構成されている振り付けです。

 

順番に、

1.ランニングマン
2.簡単なステップ

 

 

下記の動画で、ステップ単体の動きも解説されているので、参考にして見て下さい。

1.ランニングマン

 

 

簡単なヒップホップダンスの振付 シンプルなので初心者でも練習しやすい!

16カウントの短い振付けで、大きく分けて、3つのステップから、構成されています。

 

順番に、

1.簡単なステップ
2.簡単なステップ
3.ボックス

 

 

下記の動画で、ステップ単体の動きも解説されているので、参考にして見て下さい。

3.ボックス

 

 

簡単すぎたらゴメンナサイ ヒップホップダンス初心者のステップ練習に

かなりシンプルで簡単な振り付けなので、ヒップホップダンスの最初の振り付けとしては、最適です。

 

使っているステップは、ヒップホップダンスの基本ステップ、ランニングマンと、ポップコーンです。16カウントの短い振付けで、大きく分けて、2つのステップから、構成されてます。

 

順番に、

1.ランニングマン
2.ポップコーン

 

 

下記の動画で、ステップ単体の動きも解説されているので、参考にして見て下さい。

1.ランニングマン

 

2.ポップコーン

 

 

キッズダンス講座 小学生でもできる簡単なヒップホップの振り付け

こちらも、超簡単な振付けで、ポーズの動きが多く、ステップ自体は、むずかしくないのでおすすめです。ステップという、ステップはあまりないので覚えやすいと思います。

 

手と足を一緒に動かす動作が、最初は、つまずくかもしれません。16カウントの短い振付けです。

 

 

 

ヒップホップダンスの超簡単振り付けを5つをご紹介!のまとめ

 

いかがでしたか?

 

ヒップホップダンスの初心者の方だと、簡単な振り付けでも、最初は手こずると思います。

 

今回、ご紹介してきた動画で、よくでてきたステップは、ランニングマン、ボックス、ポップコーンで、弾む系のステップが多かったと思います。

 

ウェーブ系などの、アイソレーションを使うヒップホップダンスの動きなどは、習得するまでに、少し時間がかかりますが、ステップ系の動きは、比較的、簡単に覚えれると思います。

 

下記の記事でも、色々なダンスステップをご紹介しているので、今回ご紹介した動画の振り付けが、マスターできたら、是非チャレンジしてみて下さい。

ダンスステップの名前答えます!ダンスの動き・技78種類紹介!

 

最初は、誰しもが初心者です。根気よく頑張りましょう。

 

踊れた時は、爽快で楽しく、ヒップホップダンスが、もっと好きになると思います。

 

 

■ 初心者向けヒップホップダンスDVD比較サイト


初心者向けヒップホップダンスDVD比較サイト

このサイトでは、初心者向けのヒップホップダンスDVDをランキング形式で、ご紹介しています。また、初心者向けのヒップホップダンスDVDのご紹介だけではなく、ヒップホップダンスが上達するための、役立つ情報を書いています。

「ヒップホップダンスしてみたいけど、どうすればいい?」という方は、是非、参考にしてみて下さいね。

詳しく見てみる

この記事を書いている人 - WRITER -
YUUNOSUKE
YUUNOSUKE@WEBの管理人のYUUNOSUKE(ゆうのすけ)です。ストリートダンスの上達法や情報を中心に、音楽、ファッション等の事について、書いているブログです。このブログを通じて、ストリートダンスの上達方法や、ダンスについての、みなさんの日々のお悩みなどを解決できるきっかけになればと思い、このブログを運営しています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサードリンク

Copyright© YUUNOSUKE@WEB , 2018 All Rights Reserved.